GW第一弾 東京湾ボートマゴチ

スポンサーリンク

2021/04/29

全体的に予報が悪い今年のGW

第一弾はSkyReadさんでのボートマゴチ。何気に初めての釣り。

ちょっと前のおかっぱりアジングでマゴチをかけて、取り込めずバラして悔しがっていたら、自分をボートハタゲーやカワハギに誘ってまんまと沼にハマらせてくれている”かいさん”から
「マゴチ行こう。ハタのタックルでそのまま行けるから」
と誘われてまんまとまた新しい世界へ。

アジングでいつもご一緒している”なかさん”とかいさんの釣り友さんの4名で乗船。

いつも夜ボートアジングとはまた違った朝の横浜の景色を見ながら、割とお馴染みのエリアを回る。

マゴチの釣り方は、ロックフィッシュとかなり似ている。ボトムバンプ、スイム、リフトフォール、それぞれにステイを混ぜながら基本ボトムを探っていく。

ろっくフィッシュと違い基本フラットなボトムを探るので根がかりはほぼなく、リグのロストもないのはありがたい。

フーストポイントでは弱い雨が降る中、初マゴチの自分となかさんは船長の助言をもらいながら広範囲に探っていく。すると”かいさん”が早速一本ゲット。なかさんもアタリはあったみたいだがかけられず。

自分はアタリもなくこのポイントは終了。

二箇所目。

雨が時折強くなる中それぞれ広範囲に探っていく。船長が「黄色(のワーム)がいいよ」というが。自分がもってないと言うと「しょうがねーなー(笑)」と買ったばっかりの黄色のシャッドテールを分けてくれた。それをありがたくいただいて、キャストしていると

ゴゴンッ

YouTubeで予習した通り思いっきり合わせを入れるとブルブル首をふる感触。これは本命

と上がってきた、初ルアーマゴチ

55cmほどのなかなかサイズ。

この後、少し小さめのと一本追加と、お子様一本はリリースで3キャッチ。

初めてにしては出来過ぎの結果だった。

そして、ルアーマゴチ、底がフラットな分ロックフィッシュほどテクニカルではないけど大好きな「アタリを掛ける釣り」で大好きな釣り。食べても美味しいし、他の釣り物が少ない夏場にも釣れるみたいだし今後のレギュラー釣りものになりそう。

また、新しい楽しみを見つけさせてくれたかいさんありがとうございました

/

/

コメント

タイトルとURLをコピーしました