悪い大人に誘われて初めてのハタゲーム

スポンサーリンク
2019/09/15  横須賀長井で船
さて、2日連続で船。ナイトアジング~タチウオジギングのリレー後若干フラフラ気味で帰宅してひとまず魚を処理する。
クーラーを洗って、車に載せたタックルの載せ替えてひとしきりワンコと遊んだらとっとと寝て夜中2時過ぎに起きて再出発。
久々の三浦半島の相模湾側。
今回はスカイリードさんのボートアジングでよくお世話になってるカイさんのお誘いでオフショアのハタゲーム。
前日一緒にタチジギしてたアリさんもまた一緒(笑)
5:30に待ち合わせ場所で落ち合って現地まで移動。ちょっとこじんまりした商売をしてるっぽい船宿?なので名前は今回ふせさせてもらうけど、非常に気さくな船長さんと親切な常連さん?が同船。
陸揚げされた船に乗り込み、スロープを下って進水して出船っていう初の体験。
ポイントは港から10分程度の沖合。根魚は魚探に映らないらしいので、おそらく船長の地形と船長の経験で場所を決めてるんだろう。
リグは30g程度のジグヘッドに3~5inchくらいのワーム。カーリーテール、クロー、パドルテールなど。バスで使うようなものも流用できるけど、店に並んでいる根魚用のを見ると色味が派手目なものが多い印象。
自分はタックルベリーやキャスティングのワゴンや処分品コーナーに並んでいた特価のバス用やソルト用をいくつか用意して挑んだ。
タックルは、ハードロック用のベイトロッド+ベイトリール。多分1oz程度がキャストできるバスロッドでも大丈夫。
予備にアブのライトジギング用のロッド持っていったけどこれは柔くて使いづらかった。どっちかってーとエギングロッドとかのほうが向いてそうな気がする。
釣り方はバスのテキサスリグやラバージグでやるボトムバンピングやボトムのスイミングがメイン。キャストして底を取りながら根掛かりに注意してアクションする。
すると
ゴン! ンゴゴゴゴゴッ!
って感じのアタリ。
しっかり合わせてフッキングしたら根魚独特の引きを味わえる。
最初の一匹を掛けるまではなんとなくやってることが正しいのか間違ってるのかわからなかったが、何匹か掛けると様子がわかってくる。
殆どがアカハタだけど、この日は5人中3人がオオモンハタもゲット。
IMG-3694.jpg
同船のアリさん船長もびっくりするほどの大物釣り上げて大盛り上がり。
IMG-3695.jpg
結局2時の沖上がりまでにリリースを含めると3人で5~60本。
ここの船長は一定サイズ以下はしっかりリリースするよう指導してくれるので無駄な乱獲はない。釣った魚もいけすでキープできるので怪しいサイズは取っておいて、あとから選別して必要数以外はリリース。
IMG-3682.jpg
アジなどの回遊魚と違って成長速度の遅い根魚だけに資源コントロールは大事だと思う。
結局持ち帰りはアカハタは一人3~4尾+オオモンハタ。市場価格にしたら船代は軽く超える(笑)
実は最初それほど期待してなかったんだけど、釣り方、釣り味ともに自分の大好きなタイプですっかりハマりそうな雰囲気。
やっぱりアタリを出して掛けていく釣りが自分は面白い
いつもと違う種類の魚でいつもと違う料理。中華料理の清蒸。ちょっと手間がかかるけどめっちゃ美味しかった
IMG-3682.jpg

コメント

タイトルとURLをコピーしました