サワラ狩り

スポンサーリンク

最近よく行かせてもらってる船の船長から第一報が来たのが先週の日曜日

以前から話には聞いていて「来たらすぐ連絡します!いつ居なくなるかわからないので!」とはいわれていたんだけど日曜の夜に連絡貰ったので、最速でも次の土曜日までは行けない。。。

いつもご一緒してるかいさんに連絡して即土曜日を予約。ところが翌日かいさんがご家庭の都合でいけなくなったのでいちど諦めていたんだけど、最近アジングでご一緒させていただいているTwitterフォロアーのなかさんを無理やり誘ったらご一緒してくれるということなので予約し直し。
また、これまたTwitterフォロアーのあびちゃんからお知り合いのムラさんを紹介していただき、 午前中はサワラ狩り、午後はのんびりハタとカワハギというプランで船長にお願いし て2.5人(ムラさんは都合で午前のみ)での釣行

当日は我々以外に船長の弟さんとそのお仲間3人と一緒で合わせて6名での出船。前日に行ってたあびちゃん組は3名でサワラ2本。船長によればバンバン跳ねてるけど口を使わないらしい。
さてどうなるか・・・

前日のポイントに向かうがこの日の海は結構な荒れ模様。ミヨシ近くに座っているとバンバン波をかぶる。ポイントが近づき、船長の弟さんがミヨシに立ち、他のみんなもそれぞれ海を見渡しサワラが跳ねるのを探すが、気配なし。
うねりも激しく探しにくい上に、ズーッと見ていると割れて出来る白波も魚のように見えてくる(笑)
周辺に同じ狙いっぽい船が6~7艘浮いているがどれもアイドリングで浮かびながら周りを探っている感じ。
海を見たり、時折飛んでくる鳥の行先を見たり、少し走ってエリアを変えてみたりそんな時間が1~2時間過ぎただろうか・・・

突然の「いた!」という船長の声とともにエンジン全開。まぁまぁ荒れた海をばっしゃんばっしゃん波かぶりながら疾走。船長の指差す方向を見るとたしかに跳んでるやつが・・・
周りの船も急に慌ただしく動き出して、ポイントに近づくと我先にキャスト。

船長の弟さん組の方が早速1本仕留める。がその後沈黙・・・また周りを見つつ船をゆっくり流す、見つけると全力で・・を数回繰り返すが簡単には釣れない。何回目だったろう・・・

がっ!!!

来た!!。ボートシーバス用のMクラスのロッドだったので寄せるのに苦労しながらなんとか取り込み成功!

図ってないけど、35L(内寸60cm)のクーラーでまっすぐ収まり切らなかったので間違いなくサワラ。

結局の10:30まで、上記のような繰り返しで船中4本。同行したなかさん、ムラさんはそれぞれ掛けるも残念ながらバラしてキャッチならず。そこそこの荒れ模様のなか体力的にもなかなかハードな釣行でした。

用事でここまでのムラさんを港におろし、そこからはしばらくまったりタイム。自分は本格的には初挑戦のカワハギ、なかさんはハタ狙いと、午前とうって変わって穏やかになってきた海の上でのんびりした釣りを実施。
船長に釣り方を教えてもらって、チャレンジしたけど、結局カワハギの釣果はゼロ。なんどかそれっぽいアタリはあったんだけどすべてバラシ・・・

なかさんは、丸ボーズを覚悟した最後の1時間くらいで奇跡の2ゲット(キープ1)で美味しい魚のお土産ゲットに成功。

カワハギは聞いていた通り難しい。誘い方とか餌の付け方、アタリのとり方とかいろいろ覚えなきゃいけないことが多そう。。。既に次回の予約を完了しているのでそれまでにはいろいろ調べて次こそは結果を出したい

しかし、釣り物増えてきて参ったなぁ・・・

■使用タックル■

コメント

タイトルとURLをコピーしました