タチウオジギングリベンジ

スポンサーリンク

2021/07/24

あまりにも惨敗だった前回のタチジギ。その日は次の予定なんて考えてなかったんだけどあまりにも悔しすぎて翌日だかその次の日に予約してた(笑)

スポンサーリンク

タングステン

前回行く前にタングステンが有利だよ、って情報をもらったけど、こんな風に考えてた

いやもうね、前回みたいな思いはしたくないのでね・・・買いましたよ。ええ。。。。。

これでざっくり1.6万くらいか・・・・あたまおかしいな俺。

オールスターゲーム

さて4連休の三日目にあたるこの日。連休を利用して東京湾タチウオ界の有名人が北海道より状況するとの事で、横浜山下の渡辺釣舟店は東京湾の凄腕タチウオハンター達の集会場となっていた。仕事の都合で地元北海道に戻り毎日東京湾でのタチジギの夢をみてうなされてる北海道代表「オレンジモンスター」船長の次位に船乗ってる多いタチウオジギングで世界征服を狙う「東京湾の女帝」冬のボーナス分のお小遣いまで既に前借をしている家族が一番大事な「サーモンさん」そして前回ご一緒させていただいた若手「鯖頭さん」縁あってそんな方たちとお知り合いなので、猛者たちの片隅でちまちまとご一緒させていただく事に。

シャローの難しさ

前回は60m前後の深場をメインにやっていたのだが、数日前にシャローで好反応になり、まずはシャローのゲームからスタートになるだろうという。まぁ、経験値が少ないからシャローでもディープでも得とか不得意とかいうほどのレベルに無いので、ふ~ん・・くらいの感じで聞いていた。

さて、実際に最初のポイントにつくと、水深12~14mくらい、アジングならディープ、ハタゲーだ標準水深位。50~60m時には80mとかを狙うタチウオジギングではドシャローって言っていいと思う。得意不得意無いといったけど100g近いジグだとあっという間に着底して、正直ジギングするイメージがしにくい。XGのリールだとワンピッチでやってるとあっという間に表層まで来てしまう。

それでもお友達のまるちゃんから格安で譲ってもらった柔らかめの竿を使って、前回の反省を踏まえ出来るだけジグを跳ねさせないようにタダ巻に近い感じでやってみる。

まぁ何とかポツポツ。サイズはF3前後がほとんどだけど、何とか拾って釣る事が出来た。何とか前回超えてこのエリアでリベンジ達成。いや、まぁ前回1尾だけど。

オールスターの人たちは、自分はおろか船の他の人が唖然とするペースでガンガン釣って、かかりどころが良いやつはどんどんリリースしていく。ペースは倍なんてもんじゃない。さすがオールスター。草野球選手と大リーガーどころじゃなくて、公園でパパとキャッチボールやってる子供と大リーガーくらいの差がある。やはりどんな釣りでもやりこんで、パターンに対する引き出しとその引き出しから出せるテクニックを身に着けた人たちはすごい。

とはいっても、自分も前回に比べればまぁまぁ釣れた。ただ、前回ディープのみで撃沈したのだが今回のシャローは釣れたとは言え、前回のダメな部分を克服できた感は無く、じゃぁシャローなら勝負できたのか?といえば「たまたま釣れた」だけでシャローならいける!って気になれるようなパターンをつかんで釣った感じは一切なかった。つまりまた課題が増えた

ディープで連発

かなりの時間をシャローに費やし船中みんなそこそこ釣ったと思われた午後。船長が「最後深場移動して大物狙います」と前回と同じようなエリアの深場に移動。

水深50mくらい。残り時間1時間強。前回のリベンジを果たすにはここで納得のできる釣りをすること。思い切って購入したタングステンの100gを使用して船長の案内する棚を目安に緩いワンピッチジャークを繰り返す。
何度目かのフォールの最中・・・・???

ラインが止まる!

慌ててスプールを指で押さえて合わせると、「グンッ!!」とタチジギ独特の感覚。

フォールのアタリで乗せられるとジャーク中に乗せるより掛けた感が強くて気持ちい。上がってきたタチウオは先ほどのシャローよりあきらかにサイズが良い。

この一発でフォールの感覚が目覚めたのか、たまたま活性が上がったタイミングだったのか、フォールのアタリを連発で掛けられた。

あ~まだまだいけそう!ってところで時間が来て終了となったけど、この日のこの場では自分の納得できる「釣った感」のある釣りが出来た

リベンジの結果は?

カウンターを忘れて(というか必要と思ってなかった)20尾前後かな?と思って申告も20って言ってたけど、帰って数えてみたら25尾。

オールスターの人たちは40後半とか50とか60とか異次元の数字言っていたけど、どうやらその人たち(ミヨシに陣取る4名)をのぞいたら船中TOPクラスだったらしい。

この釣りの他とおんなじで1回や2回行ったからって「わかった」とか「つかんだ」って言える浅い釣りじゃないけど少なくとも前回からの今回を考えるとリベンジは果たせたと思う

検証のためにもう一度くらい行く必要がありそうかな・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました